API使用法APIの説明(全プログラム共通)
  • APIの説明
    (全プログラム共通)
  • パラメータ名
    (全プログラム共通)
  • 緯度・経度と
    地心直交座標の換算
  • 距離と方位角の計算
  • 距離と方向角の計算
  • 平面直角座標
    への換算
  • 緯度・経度への換算
  • 世界測地系座標変換
    TKY2JGD
  • PatchJGD
  • PatchJGD(標高版)
  • SemiDynaEXE
  • ジオイド高

<はじめに>

以下の測量計算プログラムは全てREST APIの機能をご利用いただけます。

①緯度・経度と地心直交座標の相互換算
②距離と方位角の計算
③距離と方向角の計算
④平面直角座標への換算
⑤緯度・経度への換算
⑥世界測地系座標変換(TKY2JGD)
⑦PatchJGD
⑧PatchJGD(標高版)
⑨SemiDynaEXE
⑩ジオイド高

このAPIはリモートサーバからのアクセスを受けつけ、リクエストに応じて処理結果をXML形式あるいはJSON形式で出力する機能を有します。

<パラメータ引渡方法>

REST API(Representational State Transfer Application Programming Interface)とは、一般のサーバやクライアントから、ある特定の規則に従ってWEBサーバ側でパラメータを受け取り、処理結果をXML形式やJSON形式で応答するAPIのことです。
ある特定の規則とは、「HTTP動詞(GET)を使用して、URLにUTF-8で符号化したパラメータを送信する。」ことになります。
パラメータの引渡し(リクエスト)及び出力(レスポンス)の例は以下の通りです。

【リクエスト(PatchJGDである位置の緯度・経度を補正)】
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/patchjgd/patchjgd.php?sokuchi=0&chiiki=tokachi2003.par&Place=0&latitude=42.55303010&longitude=143.14591010&outputType=xml
【レスポンス(PatchJGDである位置の緯度・経度を補正)】 img