座標変換ソフトウェア“TKY2JGD for Windows”のダウンロード

世界測地系の座標値「測地成果2000」へ移行するためのソフトウェア− TKY2JGDとは(説明)

プログラムとパラメータファイルをダウンロードできます。なお、使用に際しましてこちらもお読みください。
このページでダウンロードするファイルはすべて自己解凍ファイルです。ダウンロードした後,ダブルクリックして解凍して下さい。

WEBブラウザ上で計算できる「WEB版TKY2JGD」もあります。

最終更新日:2013年10月17日


(1)プログラム (約2.3MB) Ver.1.3.79

ダウンロード開始TKY2JGD1379.EXE (通常はこちら)

※解凍すると,“setup.exe”他,インストールに必要なファイルが作成されます。
※このファイルには,座標変換パラメータファイルは含まれません。

インストール方法とパソコン環境(説明)

TKY2JGDプログラムのヘルプを見てみる(プログラムに内蔵されているヘルプファイルと同じものです)

ダウンロード開始ソースコードの取得

※TKY2JGDを利用したプログラム開発等を行う場合は、こちらからソースコードを取得できます。


(2)座標変換パラメータ・ファイル Ver.2.1.1    ◎硫黄島を追加したVer.2.1.2はこちら

表のすべてのファイルをダウンロードする必要はありません。下の解説を読んで必要なファイルのみダウンロードして下さい。

ファイル 容量 解凍後のファイル名
ダウンロード開始tky2jgdp.EXE 3.3MB TKY2JGD.par
ダウンロード開始hokkaido.EXE 790KB 北海道.par
ダウンロード開始tohoku.EXE 820KB 東北.par
ダウンロード開始hokuriku.EXE 670KB 北陸.par
ダウンロード開始kantou.EXE 890KB 関東.par
ダウンロード開始chubu.EXE 750KB 中部.par
ダウンロード開始kinki.EXE 500KB 近畿.par
ダウンロード開始chugshik.EXE 590KB 中国四国.par
ダウンロード開始kyusokin.EXE 510KB 九州沖縄.par



※TKY2JGD.parは日本全国の座標変換パラメータを含みます



※ダウンロードに成功したことを確認するため,必ずファイル容量を確認して下さい。100KB以上異なる場合は,再度ダウンロードして下さい。

※解凍後のファイル容量は,表の容量の3〜4倍になります。

※TKY2JGD.parは,TKY2JGDプログラムと同じフォルダ(通常,c:\Program Files\Tky2jgd\)におくと,TKY2JGD起動時に自動的に読み込まれます。


座標変換プログラム「TKY2JGD」用変換パラメータファイルについての解説

2001年4月1日
座標変換パラメータが格納されたファイルが,9個あります。
基本的にTKY2JGDプログラムをインストールしたディレクトリにおいて下さい。
変換パラメータファイルのうち,TKY2JGD.parは日本全国をカバーしています。
その他のファイルは,ファイル名が示す地方をカバーします。
離島は,それぞれの地方名のファイルに含まれます。
地方名の変換パラメータファイルは,そのカバーする範囲が隣接地方と少しずつ重複しています。
地方毎に変換処理を行う場合は,地方毎のファイルを使用した方が全国のもの使用と比較して処理速度が10倍以上向上します。変換パラメータファイルを選択するには,TKY2JGDの「ファイル」−「変換パラメータファイルの選択」で行います。
ファイル容量は,TKY2JGD.parが約11MB,それ以外が1MB〜3MBです。
これらの,変換パラメータファイルは,ハードディスクのどのパスにおいても構いません。ただし,TKY2JGD.parは,TKY2JGD.exeと同じフォルダ(通常,c:\Program Files\Tky2jgd\)におくと,TKY2JGD起動時に自動的に読み込まれます。
ある地方毎の変換パラメータファイル(例えば,関東.par)を選択して,他の地方(例えば,北海道)の座標値を変換しようとした場合,通常,(変換パラメータファイル中の地域毎のパラメータが使われることなく)「3パラメータ」で変換されます。なお,変換方法の設定は,「設定」−「設定画面の表示」−「変換方法の選択」で行うことができます。
たとえば,東北地方と関東地方の境界付近の変換パラメータは,"TKY2JGD.par","関東.par","東北.par"の3つのファイルに含まれますが,どのファイルを選択しても,変換結果は正確に一致します。ただし,変換パラメータファイルのVersion番号が異なる場合には,この限りではありません。
変換パラメータファイルのVersion番号は,ファイルの第1行にあります(例:Ver.2.0.5)。
変換パラメータは,国土地理院測地部測地第二課を中心に作成されました。

質問はこちら

TKY2JGDの使い方等に関する技術的な質問はこちらから(TKY2JGDの開発者が対応します)

測地成果2000導入に伴う座標変換に関する行政的な質問はこちらから(測量指導課が対応します)



TKY2JGDバージョンアップ履歴


戻る