ホーム > 干渉SAR成果 > 緊急解析 > ハイチの地震

注1) ここで公開されているSAR干渉画像は、国土地理院が解析したものであり、ALOS/PALSARデータの所有権は、経済産業省(METI)および宇宙航空研究開発機構(JAXA)にあります。PALSARデータの干渉画像を引用する際には、その旨を明記し、干渉画像には、Analysis by GSI from ALOS raw data of JAXA,METIとクレジットを明記してください。

注2) 画像ファイルをダウンロードする場合は、取得する画像のリンクを選択し、表示された画像上で「右クリック」→「対象をファイルに保存」を実行してください。


● これらの干渉画像の位置は、こちらでご確認ください。
● 国土地理院地理地殻活動研究センター トピックス『2010年1月12日ハイチ共和国の地震に伴う地殻変動(合成開口レーダー(SAR)解析による地殻変動と断層)』も併せてご覧ください。

ハイチの地震(2010/1/12,M7.0)

SAR干渉画像の見方

No. 干渉画像 諸元情報 コメント ダウン
ロード
1 クリックで画像拡大 観測日 2010/01/13
2010/02/28

地震直後のペアだが、ノイズレベルを超える変動は見られない。

使用軌道精度:高精度軌道情報

運用モード
/偏波
FBS/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Descending
(南行)
オフナディア
角[度]
25.8
基線長[m]
(Bperp)
+94
範囲
(緯度/経度)
18.17/19.61/
-72.68/-71.72
2 クリックで画像拡大 観測日 2008/02/09
2010/02/14

地震に伴う明瞭な地殻変動が見られる。特に、南側陸地の北部沿岸では、衛星に近づく方向に約70cmの変動が見られる。

使用軌道精度:高精度軌道情報

運用モード
/偏波
FBS/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Ascending
(北行)
オフナディア
角[度]
34.3
基線長[m]
(Bperp)
-426
範囲
(緯度/経度)
18.14/19.40/
-72.95/-72.14
3 クリックで画像拡大 観測日 2009/09/12
2010/01/28

ノイズレベルと同程度であるが,画像左端中央部の湾周辺で地震に伴う地殻変動の可能性がある位相変化が見られる。

使用軌道精度:高精度軌道情報

運用モード
/偏波
FBD/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Ascending
(北行)
オフナディア
角[度]
34.3
基線長[m]
(Bperp)
+807
範囲
(緯度/経度)
18.20/19.39/
-72.5/-71.64
4 クリックで画像拡大 観測日 2009/03/09
2010/01/25

地震に伴う明瞭な地殻変動が見られる。

使用軌道精度:高精度軌道情報(2010.01.29更新)

運用モード
/偏波
FBS/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Descending
(南行)
オフナディア
角[度]
34.3
基線長[m]
(Bperp)
+806
範囲
(緯度/経度)
18.14/19.37/
-73.06/-72.07
5 クリックで画像拡大 観測日 2009/02/28
2010/01/16

南側陸地(半島)の東部に見られる位相変化は、地震による変動を捉えたものと思われる。

使用軌道精度:高精度軌道情報(2010.01.20更新)

運用モード
/偏波
FBS/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Ascending
(北行)
オフナディア
角[度]
34.3
基線長[m]
(Bperp)
+1,048
範囲
(緯度/経度)
18.14/19.08/
-73.43/-72.62
6 クリックで画像拡大 観測日 2007/10/11
2010/01/16

南側陸地(半島)の東部に見られる位相変化は、地震による変動を捉えたものと思われる。

使用軌道精度:高精度軌道情報(2010.01.20更新)

運用モード
/偏波
FBD/HH
FBS/HH
衛星飛行方向 Ascending
(北行)
オフナディア
角[度]
34.3
基線長[m]
(Bperp)
-266
範囲
(緯度/経度)
18.14/19.08/
-73.42/-72.61

page topページの先頭へ