ホーム >  干渉SARを知る > 干渉SARのしくみ >  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

論文一覧

国土地理院時報・国土地理院報告(Bulletin of the GSI)

    

村上真幸・藤原智・飛田幹男・新田浩・中川弘之・小沢慎三郎・矢来博司(1997):国土地理院における干渉SARによる地殻変動検出技術の進展、国土地理院時報, 88, 1-9.

飛田幹男,村上亮,中川弘之,矢来博司,藤原智 (2001):SAR画像マッチングによる有珠山周辺の面的な三次元地殻変動,変動速度,体積変化,国土地理院時報,No.95,37-48.

飛田幹男,村上亮,中川弘之,矢来博司,藤原智 (2001)矢来博司,村上亮,飛田幹男,中川弘之,藤原智 (2001):RADARSATの干渉SARでとらえた平成12年(2000年)鳥取県西部地震に伴う地殻変動,国土地理院時報,95,139-145.

飛田幹男・宗包浩志・松坂茂・加藤敏・矢来博司・村上亮・藤原智・中川弘之・小澤拓(2005):干渉合成開口レーダの解析技術に関する研究,国土地理院時報,第106集,p.37-49.

藤原智・仲井博之・飛田幹男(2005):干渉SARによる全国の地盤沈下検出に向けて,国土地理院時報,第108集,p.11-19.

和田弘人・松坂茂・藤原智・仲井博之・藤原みどり・雨貝知美・飛田幹男・福崎順洋・矢来博司(2007):ALOS/PALSARデータの干渉SAR測量への利用とデータ処理・解析システムの構築概要,国土地理院時報, 第111集, 107-117.

雨貝知美・和田弘人・藤原みどり・鈴木啓・飛田幹男・矢来博司 (2007): 衛星合成開口レーダーを用いた平成19年(2007年)能登半島地震に伴う地殻・地盤変動の検出, 国土地理院時報, 第113集, 3-11.

宇根 寛・佐藤 浩・矢来博司(2007):衛星合成開口レーダー画像で抽出された平成19年(2007年)能登半島地震に伴う地形変化,国土地理院時報,第113集,41-47.

鈴木啓・雨貝知美・藤原みどり・和田弘人・飛田幹男・矢来博司 (2007): 衛星合成開口レーダーを用いた平成19年(2007年)新潟県中越沖地震に伴う地殻変動の検出, 国土地理院時報, 第114集, 47-53.

雨貝 知美・鈴木 啓・和田 弘人・藤原 みどり・飛田 幹男・矢来 博司 (2008): 衛星合成開口レーダーを用いた平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震に伴う地殻変動の検出, 国土地理院時報, 第117集,15-20.

鈴木啓・雨貝知美・森下遊・佐藤浩・小荒井衛・関口辰夫(2010):山形県月山地区におけるSAR干渉画像を用いた地すべりの検出,国土地理院時報,第120集,1-7.

佐藤浩・小荒井衛・飛田幹男・鈴木啓・雨貝知美・関口辰夫・矢来博司(2010):地すべり性地表変動に関するSAR干渉画像判読カードの提案,国土地理院時報,第120集,9-15.

森下遊・鈴木啓・雨貝知美・唐沢正夫・藤原みどり(2010):干渉SARを活用した効率的な水準測量の実施に向けた取り組み,国土地理院時報,第120集,17-22.

野口優子・鈴木啓・飛田幹男・小林知勝・矢来博司(2011):「だいち」SAR干渉解析による豊後水道周辺の非定常地殻変動抽出の試み,国土地理院時報,第121集,1-8.

小林知勝・飛田幹男・鈴木啓・野口優子(2011):2010年福島県中通りの地震(M5.7)のSAR 干渉解析,国土地理院時報,第121集,165-169.

小林知勝・飛田幹男・今給黎哲郎・鈴木啓・野口優子・石原操(2011):「だいち」SAR干渉解析により捉えられた霧島山(新燃岳)の火山活動に伴う地殻変動とその圧力変動源の推定,国土地理院時報,第121集,195-201.

山中雅之・野口優子・鈴木啓・宮原伐折羅・石原操・小林知勝・飛田幹男(2011):衛星合成開口レーダーを用いた平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地殻変動の検出,国土地理院時報,第122集,47-54.

小林知勝・飛田幹男・小荒井衛・乙井康成・中埜貴元(2011):干渉SARのコヒーレンス変化から見る平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う液状化地域,国土地理院時報,第122集,143-151.

Kobayasi, T., M. Tobita, A, Suzuki, Y. Noguchi (2012): InSAR-derived Coseismic Deformation of the 2010 Southeastern Iran Earthquake (M6.5)and its Relationship with the Tectonic Background in the South of Lut Block, Bulletin of the GSI, 60, 7-17.

山中雅之・森下遊・大坂優子(2013):干渉SAR 時系列解析による地盤沈下の検出,国土地理院時報第124集,1-14.

森下遊・鈴木啓・小林知勝(2013):干渉SAR時系列解析による微小な変位量で進行する地盤変動監視の実用化へ向けて,国土地理院時報,第124集,125-132.

小林知勝・石本正芳・飛田幹男・矢来博司(2014):SAR干渉解析のための数値気象モデルを用いた大気遅延誤差の低減処理ツールの開発,国土地理院時報,第125集,31-38.

山田晋也・森下 遊・和田弘人・吉川忠男・山中雅之・藤原 智・飛田幹男・矢来博司・小林知勝(2015):だいち2号SAR干渉解析による御嶽山噴火に伴う地表変位の検出,国土地理院時報,第127集.

森下遊・山田晋也・山中雅之・吉川忠男・和田弘人・矢来博司・中埜貴元・飛田幹男・小林知勝・中島秀敏・神谷泉(2015):だいち2号SAR干渉解析により捉えられた平成26年(2014年)長野県北部の地震に伴う地殻変動と地表変形,国土地理院時報,第127集.

主な論文

Murakami, M., M. Tobita, S. Fujiwara, T. Saito, and H. Masaharu (1996): Coseismic crustal deformations of 1994 Northridge, California, earthquake detected by interferometric JERS 1 synthetic aperture radar, J. Geophys. Res., 101, 8605-8614.

藤原智・飛田幹男・村上真幸(1997):干渉SARによる地殻変動検出とDEMの作成、写真測量とリモートセンシング、36、3、71-76.

Ozawa, S., M. Murakami, S. Fujiwara, M. Tobita, Synthetic Aperture Radar Interferogram of the 1995 Kobe Earthquake and its Geodetic Inversion, Geophys. Res. Letter, 24, 2327-2330, 1997.

Fujiwara, S., P. A. Rosen, M. Tobita and M. Murakami (1998): Crustal deformation measurements using repeat-pass JERS 1 synthetic aperture radar interferometry near the Izu Peninsula, Japan, J. Geophys. Res., 103, 2411-2426.

Fujiwara, S., H. Yarai, S. Ozawa, M. Tobita, M. Murakami, H. Nakagawa, K. Nitta, P. A. Rosen and C. L. Werner (1998): Surface displacement of the March 26, 1997 Kagoshima-ken-hokuseibu earthquake in Japan from synthetic aperture radar interferometry, Geophys. Res. Lett., 25, 4541-4544.

藤原智・飛田幹男・村上亮 (1998) : 干渉SARにおける水蒸気情報の重要性, 気象研究ノート「GPS気象学」(内藤勲夫編)、192, 199-212.

Tobita, M., S. Fujiwara, S. Ozawa, P. A. Rosen, E. J. Fielding, C. L. Werner, Mas. Murakami, H. Nakagawa, K. Nitta, and Mak. Murakami (1998) : Deformation of the 1995 North Sakhalin earthquake detected by JERS-1/SAR interferometry, Earth, Planets and Space, 50, 313-325.

藤原智・飛田幹男(1999): 地表変動検出のための干渉SAR画像作成技術、測地学会誌、45, 283-295.

藤原智・飛田幹男・村上亮・中川弘之・Paul A. Rosen(1999):干渉SARにおける地表変動検出精度向上のための基線値推定法と大気−標高補正、測地学会誌、45, 315-325.

中川弘之・村上亮・藤原智・飛田幹男 (1999):JERS-1による干渉SARで検出した関東平野北部地域の地盤沈下,日本測地学会誌,45,347-350.

飛田幹男・藤原智・村上亮・中川弘之・P.A. Rosen (1999):干渉SARのための高精度画像マッチング, 測地学会誌、45, 297-314.

Fujiwara, S., T. Nishimura, M. Murakami, H. Nakagawa, M. Tobita and P. A. Rosen (2000): 2.5-D surface deformation of M6.1 earthquake near Mt Iwate detected by SAR interferometry, Geophys. Res. Lett., 27, 2049-2052.

矢来博司,中川弘之,飛田幹男,村上亮,藤原智 (2002):RADARSAT/SARデータ干渉処理による地殻変動検出の試み,−2000年鳥取県北部地震の地殻変動−,地震,54, 535-546.

飛田幹男 (2003):合成開口レーダー干渉法の高度化と地殻変動解析への応用,測地学会誌,49,1-23.

Yarai, H., T. Ozawa, T. Nishimura, M. Tobita, and T. Imakiire (2004): Crustal deformation associated with the northern Miyagi earthquake detected by RADARSAT-1 and ENVISAT SAR interferometry, Earth Planets Space, 56, 103-107.

藤原智・仲井博之・板橋昭房・飛田幹男・矢来博司(2005):JERS-1干渉SARによる小空間スケール地表変位の検出,測地学会誌,51,No.4,199-213.

Tobita, M., H. Suito, T. Imakiire, M. Kato, S. Fujiwara, and M. Murakami (2006): Outline of vertical displacement of the 2004 and 2005 Sumatra earthquakes revealed by satellite rader imagery,Earth, Planets Space, Vol. 58, No.1, e1-e40.

Fujiwara, S., M. Tobita, H.P. Sato, S. Ozawa, H. Une, M. Koarai, H. Nakai, M. Fujiwara, H. Yarai, T. Nishimura, and F. Hayashi (2006): Satellite Data Gives Snapshot of the 2005 Pakistan,EOS,Transactions American Geophysical Union, Vol.87, No.7, doi:10.1029/2006EO070001, 2006/2/14,73-77.

和田弘人, 松坂茂, 藤原智, 藤原みどり, 雨貝知美, 飛田幹男, 矢来博司(2007):The strategy of InSAR geodetic survey project with ALOS/PALSAR in GSI, 日本測地学会誌, 52, No.4, 285-296.

藤原智,飛田幹男,佐藤浩,小沢慎三郎,宇根寛(2007):衛星SAR解析による2005年パキスタン北部地震の地殻変動量と地表断層の推定,E-journal GEO,第2巻2号,95-103,2007.

宇根寛・佐藤浩・矢来博司・飛田幹男(2008):SAR干渉画像を用いた能登半島地震及び中越沖地震に伴う地表変動の解析,日本地すべり学会誌,第45巻第2号,33-39,2008.

小荒井 衛・宇根 寛・西村 卓也・矢来 博司・飛田 幹男・佐藤 浩(2010)SAR干渉画像で捉えた2007年(平成19年)新潟県中越沖地震による地盤変状と活褶曲の成長,地質学雑誌.

Tobita, M., T. Nishimura, T. Kobayashi, K.X. Hao, and Y. Shindo (2011): Estimation of coseismic deformation and a fault model of the 2010 Yushu earthquake using PALSAR interferometry data, Earth Planet. Sci. Lett., doi:10.1016/j.epsl.2011.05.017.

Kobayashi, T., M. Tobita, T. Nishimura, A. Suzuki, Y. Noguchi and M. Yamanaka (2011):Crustal deformation map for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, detected by InSAR analysis combined with GEONET data, Earth Planets Space, 63, 621-625, 2011.

小林知勝・飛田幹男・村上亮(2011):局所的大変位を伴う地殻変動計測のためのピクセルオフセット解析, 測地学会誌,57,No2,71-81.

T. Kobayashi, M. Tobita, M. Koarai, T. Okatani, A. Suzuki, Y. Noguchi M. Yamanaka, and B. Miyahara (2012):InSAR-derived crustal deformation and fault models of normal faulting earthquake (Mj7.0) in Fukushima-Hamadori area, Earth Planets Space, 64, 1209-1221, 2012.

Kobayashi, T. (2014): Remarkable ground uplift and reverse fault ruptures for the 2013 Bohol earthquake (Mw 7.1), Philippines, revealed by SAR pixel offset analysis, Geoscience Letters, 1:7, doi:10.1186/2196-4092-1-7.

Morishita, Y. and R. Hanssen (2013): Temporal Decorrelation in L-, C-, and X-band Satellite Radar Interferometry for Pasture on Drained Peat Soils, IEEE Trans. Geosci. Remote. Sens., 53, 2, 1096-1104.

前のページへ

ページの先頭へ

次の項目へ