ホーム > 干渉SARを知る

SAR(合成開口レーダー)は、人工衛星などに搭載した特殊なレーダーで地表面の詳細を調べるものです。

このSAR観測を、同じ場所に対して2回以上行って、その差をとる(干渉)と地表面の動きを詳細にとらえることができます。

これが干渉SARとよばれる技術で、地震・火山活動や地盤沈下による地表の動きを宇宙から調べることができます。

ここでは、この干渉SARについて解説します。

ページの先頭へ

次の項目へ